ドバイ株口座開設

TBSテレビ『がっちりマンデー』や『NHKスペシャル』の影響力って、本当に大きいですね〜。

原油が最高値を更新してるから、オイルマネーがますます潤ってるだろうし、75億ドルもの資本注入をしてアメリカのシティバンクを助けたのがアブダビ投資庁(ADIA)であったりと、中東に目が行くのも当然かもしれませんね〜。

アメリカ株も日本株もバッド(下向き矢印)な感じですからね。

だから、「ドバイ株投資を始めたい。でも、どうやってドバイ株取引を始めていいのかわからない。」ってお問い合わせが来るようになりました。

自力で頑張られる方には、これら↓がお薦めです。

    


自力で英語のやり取りをするのは・・・って方には↓

ドバイ&アブダビ株口座開設完全おまかせ

『がっちりマンデー』や『日経マネー』で紹介されてた会社ですが、心配ですよね。

利用された方の口コミをちょっとご紹介しておきます。

・全部速達で送られてきたのがビックリでした。

・口座開設後もサポートしていただき、無事海外送金できました。
 ありがとうございました。

・正直、付属の解説書はあまり期待しませんでしたが(すみません!)
 Black-Bookはカラーで見やすく、痒いところに手が届く感じです。
 おかげで英語嫌いな私でも証券取引所のホームページが
 使えるようになりました。

・マメに連絡をいただけるので、今どの段階なのか
 状況が把握できたのが良かったです。

・解説BOOKを読み、ドバイの全体像が分かりました。
 初心者の私にも解りやすい内容でした。

・年末年始も営業され、メールの返事が非常に早かったです。

・最初はテレビを見ていて、ドバイ株だけでいいかなと思いましたが、
 ニュースでアブダビ投資庁がシティバンクに出資したということが
 あったので、アブダビ株にも興味を持ち、Black-Book Planを選びました。
 
また、ファンドに興味のある方は、ドバイファンド(ドバイ投資信託)を見てねるんるん

ドバイや中東って、新興国の中でも、BRICsやVISTAとは異なる経済発展なので、分散投資にいいかも〜揺れるハート




ドバイファンド(ドバイ投資信託)

NHKスペシャルTV『沸騰都市』第1回目『ドバイ 砂漠にわき出た巨大マネー』って、昨日だんたんですね〜。

私は、暢気に『ナルニア国物語』を見てました〜。わーい(嬉しい顔)

『篤姫』は見てたのに・・・ 残念!ふらふら

さて、気を取り直して、番組の中でも取り上げられてたかも知れませんが、今日はドバイを始めとするアラブ首長国連邦(UAE)のファンドをご紹介したいと思います。

口座開設して、個別銘柄の選定をして、自分でドバイ株投資をするって大変そうって方、参考にして下さいねるんるん

ファンド名は、UAE Distribution Fundで、UAE(アラブ首長国連邦)の不動産およびUAEを中心とした湾岸6ヶ国の上場株式と債券(スクーク債)に投資する現地のファンド(アブダビ国立銀行のファンドを中心とした中東地域のファンド)に投資を行ない、中期的な値上がり益を追及し投下資本の増殖回収を図ることを本ファンドの目的としています。

ファンドの詳細は、下記の通りです。

募集予定総額:3億円
申込単位:1口当たり10万円、5口以上5口単位(50万円〜
設立費用:出資金払込時に出資金の3.15%(税込み)
管理報酬:各半期の期首毎の総資産額の1.5%相当額(年率約3.0%)
成功報酬:各期ごとに算出された評価利益(組合総資産額の各事業年度期首から期末までの純増額)の10%に相当する額
その他諸費用:実費を組合財産より支弁
募集期間:2008年5月1日〜2008年5月25日
申込方法:組合加入申込書類に必要事項をご記入・ご捺印の上、募集期間内にエフエーストック株式会社へ提出
払込方法:申込書類提出後、払込期間内に設立費用と合わせて組合指定の銀行口座へ振込(振込み手数料は出資者負担)
払込期間:2008年5月26日〜2008年5月30日
会計期間:1年 毎年6月1日〜5月31日 中途解約原則不可
業務執行組合員:エフエーストック株式会社

なかなか面白そうですねるんるん

ドバイ株はサブプライム問題に影響なし?!

ドバイ株ドバイ投資にまで、近頃気が行ってなかったんですが、な、なんと、この全世界を揺るがしてると思っていたら、ドバイ株には影響がほとんど出てないと今朝のNIKKEI BUSINESSにあり、びっくり!

世界の動きに連動してないドバイ株ドバイ投資は、まさに国際分散投資にうってつけですね〜!

ちょっとさぼっていましたが、これから、『ドバイ株投資完全マニュアル』でドバイ株の勉強を再開しようっと!わーい(嬉しい顔)

「サブプライム」に影響を受けない中東市場

2007年9月11日 田中 保春

サブプライム問題に端を発する信用不安によって、欧米を中心に金融市場の混乱が懸念されているが、中東市場はほとんど影響を受けていないようだ。もともと湾岸産油国の金融機関はサブプライム関連のエクスポージャーはないか、あっても微小であった。米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズも中東域内の銀行の格付けをネガティブに変更しないとコメントしている。

とはいえ、湾岸産油国の大勢の投資家は欧米のヘッジファンドを保有しており、間接的な影響は避けられないだろう。またサブプライム問題以降、イスラム金融債(スクーク)発行市場では市場動向の見極めを理由に発行延期という動きも出ている。

しかし、実体経済に及ぼす影響はほとんどないと言える。それどころかロイターによると、ドバイの政府系投資会社であるイスティスマール(アラビア語で投資を意味する)は、サブプライム問題で損失を受けた米国の関連企業2社の買収を検討しているらしい(関連記事)。

昨年6月の「投資先求め、さまようサウジマネー(未公開株への投資ファンドが急増)でも紹介したが、湾岸産油国は依然として空前の株式公開ブームだ。サウジアラビア資本庁によると、サウジアラビアでは昨年だけで総額74.6億ドル(約 8640億円)規模の株式公開が実施された。国内の拡大する資金流動性を背景に、政府が株式公開基準を透明化し、株式公開審査を迅速化するなど、積極的に株式公開を推進しているのも大きな理由だ。

ドバイ株・ドバイ投資7月11日

ドバイ株投資ののバイブル『ドバイ株投資完全マニュアル』やっとこ読めたんですが、まだ証券会社に口座開設の申し込みまでできてませ〜ん。ふらふら
今、ドバイ株式市場はどんなかんじなんでしょうね。
ちょっとドバイ株チャートを見てみましょう。
お〜、昨年9月頃の高値から今年4月にバッド(下向き矢印)下落して、現在半値戻しグッド(上向き矢印)のところでもみあって、上に行きそうな雰囲気を漂わせてるって感じのドバイ株なんですね〜。


ドバイ株、上にすんなり行ってくれるのでしょうか?
ちょうど同じようにドバイ株のブログを書かれてる福富次郎さんの7月11日の記事が参考になると思うので、勝手にちょこっと拝借させていただきたいと思います。(ごめんなさ〜い。)

(ここから)
7/11ドバイ株式市況 欧米安の影響は出たのか?

Dubai Financial Market
4,514.97 -34.43 -0.76%

正直なところ出て欲しくなかったんだけれども、仕方がないですね。

3年分のチャートを見ると、頭が重たそうなので、その売り物をこなさないといけないので、そう簡単には上昇できないのかもしれませんね。

2004年の1000ptから2006年には8000ptまで上昇して、わずか2年間で8倍になったのですから、ここからさらに上昇するためには、それなりに時間も考えて追う必要があるでしょうね。

最低でも2年間でしょうか・・・?
根拠は、ただ、上昇に2年間だったので。それだけの理由です・・・

ただ、現在は、ドル円相場は、円高局面なので、このドル円がどこまで下がるのかを見極めないとドバイが上昇しても、為替で利益を持っていかれてしまうので注意が必要です。

最近、上昇が鈍いのが少々気になっていますが、割安銘柄の押し目買いなら問題ないと思われますが・・・
(ここまで)


ドバイ株よ、どっちに行くつもり?
まだ口座開設手続きをしていない私としては、まだしばらく調整していてくれるとありがたいのですが・・・。
でも、ドバイは一度も行ったことがないので、ドバイ株投資を始める前に、行ってこの目で見ておきたいなぁるんるん




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。