ドバイの宝くじ

『がっちりマンデー』を見られたメルマガ読者の○○さんから、ドバイの宝くじについての問い合わせがありました。
ひょっとしたら、あなたがこのブログを読んで下さってるのも、ドバイ宝くじのことを知りたくてかも知れませんね。

何しろ約3万円が、5,000分の1の確率で、約1億円(100万ドル)になっちゃうんですからねexclamationわーい(嬉しい顔)

宝くじの名前は、Millennium Millionaireで、5,000口毎になっていて、5,000口が完売となったらすぐに抽選が行われる仕組みです。

この宝くじが購入できる場所は、ドバイ国際空港のデューティフリーショップと、ジュメイラビーチホテルにあるDFSカウンターです。

カウンターの箱の中に、束になって置いてある宝くじのカードを1枚選んで抜き取ります。

その中には、プラスチックのカード(クレジットカードサイズ)が
入っていて、シリーズ番号とくじ番号が記載されています。

そしてページをめくると、申込書、説明書などが書かれたページがあり、その中の申込書部分のページに、パスポートナンバーやフライトナンバー、名前、住所、電話番号、メールアドレスなどの詳細を書いて申込み、代金の1,000UAEディルハムを支払います。

1,000UAEディルハムは、クレジットカードでもOKです。

あとは、祈るexclamation わーい(嬉しい顔)

もし、もしも当選したら、通知ハガキとメールで当選のお知らせが届きます。

メールでの通知は、はずれの人にも届きます。

また、待てない方は、Dubai Duty Freeのホームページでも、当選者発表をしています。

当たったら、教えて下さいねるんるん わーい(嬉しい顔)






ブランジェリーナがドバイの人工島を購入=環境問題の「ショーケース」に

ドバイ株にまた刺激的な話ですよ〜!

ブラビとアンジェリーナ・ジョリーが・・・


ブランジェリーナがドバイの人工島を購入=環境問題の「ショーケース」に

11月15日11時38分配信 時事通信

【ドバイ14日AFP=時事】アラブ首長国連邦のドバイの地元紙が14日報じたところによると、ハリウッドスターのブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーのカップルが、ドバイ沖に建設中のエチオピアの形をした人工島を購入した。2人は、この島を自然に優しい生活を送る環境問題のショーケースにする計画だという。
 この島は、世界各国の形をした人工島約300を造成する巨大プロジェクトで造られているもので、2人はエチオピア生まれのザハラちゃんを養子にしていることにちなんで「エチオピア」を選んだ。2人の代理人は島の購入を確認した。
 島の値段は600万ドル(約6億6000万円)から3600万ドル(約40億円)で、英歌手のロッド・スチュワートや実業家で大富豪のリチャード・ブランソン氏も購入していると伝えられる。


私もお金があれば、オーストラリア買うんだけどなぁ〜!わーい(嬉しい顔)

ドバイ株 成長著しいイスラム金融に乗り遅れるな!

ドバイ株ドバイ投資のこのブログ、昨夜から沢山の方が訪れてくださってます。
嬉しぃるんるん
ありがとうございまするんるん
きっと、昨夜のNHKTVの番組の影響なんでしょうね?!
私も見ようと録画予約してたはずなのに・・・
何故か録画されてなくて・・・ふらふら
見たかったなぁ〜exclamation
それはさておき、NIKKEI BUSINESSでもドバイに関連する記事が載ってたので、ご紹介しますね揺れるハート


成長著しいイスラム金融に乗り遅れるな

2007年8月9日 木曜日 田中保春

 近年の原油高を背景とする湾岸産油国の好調な経済成長に伴い、イスラム金融市場が急拡大している。日本でも今年1月に「イスラム金融セミナー」が国際協力銀行の呼びかけで開かれ(イスラム金融サービス委員会主催)、250人の参加者を集めた。またイオンの金融子会社、イオンクレジットサービスが今年1月に日系企業としては初めてイスラム金融型の手法で資金調達をして注目されたのも記憶に新しい。

 しかし、改めて現実を見ると、イスラム金融を戦略的にとらえる日本の民間企業は、タカフル(イスラム保険)をサウジアラビア、マレーシア、シンガポールなど現地の市場で元受け事業や再保険を展開している東京海上日動火災保険などごく一部の企業で、あとは皆無に等しい。

欧州、とりわけ英国に比べると、日本ではイスラム金融の認知度がまだまだ低いと実感した。筆者は、このままでは、成長著しいイスラム金融でのビジネスチャンスが欧米の有力銀行や地元の金融機関にすべて占有され、日本企業が参入できる余地はほとんどなくなるのではないかという懸念を持っている。


ドバイ株投資を個人で始めるしかなさそうですねるんるん
幸いドバイ株投資完全マニュアルもあるしね揺れるハート


ドバイの銀行2行が合併合意、湾岸地域最大の銀行誕生へ

ドバイ株投資も始めたくって、『ドバイ株投資完全マニュアル』も買ったのに、なかなか読む時間がほんとなくって困ってます。
やっと昨日『ベトナム株投資の必勝マニュアル』を読み終えたので、もうちょっとドバイ株投資完全マニュアル』を読む時間が増えそうです。
そんな中、こんなビッグニュースがまた入ってきましたexclamation


ドバイの銀行2行が合併合意、湾岸地域最大の銀行誕生へ

7月2日19時31分配信 ロイター

 [ドバイ 2日 ロイター] アラブ首長国連邦(UAE)のエミレーツ銀行インターナショナルとナショナル・バンク・オブ・ドバイは2日、資産ベースで湾岸地域最大の銀行の設立を目指し、合併することで合意したと発表した。また、証券取引所に対し、両社株の取引を一時停止するよう求めた。

 ドバイ証券取引所の幹部によると、両行の株式の取引は当局との協議後、詳細についての発表が行われるまで停止される。両行のスポークスマンによると、これには15日間の期間を要する可能性があるという。

 両行は3月、ドバイ政府の強い要請を受け、急成長する経済の需要に対応することが出来る大規模な銀行を設立するために合併すると表明していた。また、米ゴールドマン・サックス・グループをアドバイザーに指名していた。

 ドバイ政府はエミレーツ銀行の株式76%、ナショナル・バンク・オブ・ドバイの株式14%を保有している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070702-00000937-reu-bus_all

アドバイザーに、ゴールドマン・サックスを指名したっていうのが、またすごいですよね〜exclamation

本気度パンチをひしひし感じてしまいます。

バイの巨大アイランド建造計画「The World」

ドバイ株の本『ドバイ株投資完全マニュアル』、ここのところ忙しくて、まだちょっとしか読めずにいます。ふらふら
「ドバイ株の口座、開設しました〜!」ってメールをいただいたりしては、1人焦ってます。わーい(嬉しい顔)
今日は、ドバイ株投資がしたくなってくる、ドバイの壮大なプロジェクトのニュースをお届けしま〜するんるん


ドバイの巨大アイランド建造計画「The World」

6月22日12時15分配信 ギズモード・ジャパン

海中ホテル 、 うねる風車ビル のドバイが、世界中から一流コンサル集めて今度は何を…と思ったら、なんとまあ、世界をミニチュアにした人工島を海上に建造する一大プロジェクトを進めているようです。

世界島。そう、ディズニーワールドのEpcotじゃないですけど、「島巡り」=「世界旅行」になる島ですね。

最初の島のデザインコンセプトはもう完成し6月発表になりました。正式名称「OQYANA」(読めん…)といいます。秘密クラブの暗号みたいですけど、要は「Australasia(南洋州)」のこと。ドバイ至近の一等地に位置する眺望の美しい180万平方メートルの海面に20の島を作って豪華住宅を建て、橋で繋ぐ構想らしいですよ?

まるで5歳児の坊やに「次は何が欲しい?」って聞いて、そのままやっちゃってるような調子ですねー。お客が来たら一泊30万強の海中ホテルに泊め、船で遊びに来てもらうんでしょうか。僕もアラビア語マスターしたら是非、移住したいと思います。…前もおんなじこと言った気がしますけど。  – Benjamin Longo (翻訳:satomi)

参照サイト : http://www.gowealthy.com/realestate/news/2478/detail.asp [GoWealthy.com]

すごい国でしょ、ドバイ!

そんなドバイの株投資、あなたもいかがですか?

ドバイにクイーンエリザベス2世号が…

ドバイ株、ドバイ投資にまた好影響が出てきそうなニュースですよ〜exclamation
ご存知でしたか? ロンドンードバイ間の直行便は、毎日13本運行され、世界でも有数のドル箱路線だってことダッシュ(走り出すさま)
イギリス人にとって、ドバイはとっても身近な海外拠点。
イギリスだけじゃぁありません。
ドバイは、タックスフリーなので、世界中の外資系の企業が続々と押し寄せてるんです。
「脱オイルマネー」を目標に、ビジネスマンだけじゃなく、観光客も呼び込もうとしてます。
このニュースもその一環なんでしょうね。
一度は乗ってみたい憧れの船・・・


エリザベス2世号が「引退」=ドバイ沖で豪華ホテルに

6月19日1時0分配信 時事通信

 【ロンドン18日時事】世界有数の豪華客船として知られ、各地の海を優雅に旅してきた「クイーン・エリザベス2世号」が、クルーズ船としての役割を終え、豪華ホテルとして生まれ変わることになった。
 アラブ首長国連邦(UAE)を構成するドバイ首長国政府の投資会社イスティスマルは18日、海運大手カーニバルの傘下企業から1億ドル(約123億円)で同客船を購入することで合意したと発表した。2008年11月に引き渡される予定で、イスティスマルの親会社は同船を改装し、09年にドバイ沖の人工島「パーム・ジュメイラ」に停泊する豪華ホテルとして開業する計画だ。 

ドバイが今、熱いのはなぜ?

ドバイ株ドバイ投資がだんだん盛り上がってきてるようで、下記のようなニュースが出るなんて、嬉しいなぁるんるん


オイルマネー高騰のおかげ?ドバイが今、熱いのはなぜ?

6月1日17時21分配信 R25

高さが世界で一番高い7つ星のホテルや世界最大の人工島群があり、世界一高いビルや世界最大級の空港や世界最大のテーマパークを建設中という場所が中東にある。アラブ首長国連邦(UAE)の一角を占めるドバイだ。

ドバイの人工島群の一つが「ザ・パーム」。奇抜な形をしたその島には高級ホテル、住宅、商業施設などが立ち並ぶ。また、「ザ・ワールド」は約300もの人工島を世界地図に模して配置したものだ。

ドバイは目下空前の建設ラッシュ。なんと、今のドバイには世界の建設用クレーンの15〜25%があるといわれている。

埼玉県ほどの広さしかないドバイがなんでこんなに盛り上がっているのか? UAEは日本の原油輸入国としてサウジアラビアと1、2位を争う存在。すると、やはりここ数年の原油価格高騰が盛り上がりの要因なんだろうか? それは確かに関係あるのだが、どうも話は単純ではないようだ。

「ドバイは原油生産量も埋蔵量も少ないんです」と語るのは、4年のドバイ駐在歴がある(社)日本貿易会常務理事の三幣利夫氏。

実はUAEの原油はドバイではなく、ほとんどが同じUAEのアブダビで生産されている。ドバイのGDPに占める石油関連収入の割合は、現在わずか3%ほどなのだ。

「原油埋蔵量の少ないドバイは70年代以降、石油依存経済から脱却をはかってきました。最初は外国から資金を借りて港を整備。50年間法人税無税などの特典がある経済特区を作り、投資資金を集める金融センターもつくりました。さらに観光リゾートを目指し、空港、ホテル、ショッピング施設を整備してきたんです」(三幣氏)

こうしてドバイは中東の観光、物流、金融の中心地となり、周辺国からヒト、モノ、カネが集まってくるようになった。原油生産量の少ないドバイは原油価格高騰で直接的にはさほど潤わない。けれど、原油価格が高騰すれば中東の周辺国にはお金があふれるので、結局それがドバイに集まってきているということなのだ。

ドバイに行ってみて・・・A

ドバイ株ドバイ投資セミナー主催者・FAキャピタルの「ドバイに行ってみて・・・?」の始まりはじまり〜るんるん


(前回の「ドバイに行ってみて・・・?」を先に読んで下さ〜いねるんるん。)

今回初めて、シーシャと呼ばれる水パイプを体験してきました。
大人の腰ほどまである大きな水パイプです。
ちゃんとしたレストランなら必ず置いてあります。
味は、バナナやらストロベリーやら甘い味ばかりでした。
後からニコチンが多少なりとも入っているらしいと聞いてえーって感じでした。なんせ私禁煙中ですので・・・・。

って観光話だけじゃいけないですね。

今回、ドバイ第一人者の石田和靖氏の指南を受けて回ったおかげで
大きな収穫がありました。
NBD(National Bank Of Dubai)とその子会社のNBD証券、Mac Sharaf証券、Mubasher(ムバシエール)証券と回り、全てに法人口座開設の申請をしてきました。
Mac Sharaf証券、Mubasher(ムバシエール)証券には私個人でも口座開設の申請をしてきました。

Mubasher(ムバシエール)証券はサウジアラビアの証券会社で、UAEは元より、GCC6カ国(クウエート、カタール、バーレーン、オマーン、サウジアラビア)の株が買えます。
更に、エジプト、レバノン、モロッコ、ヨルダン、パレスチナ、トルコ、イラン等の株式市場にも参加できます。
これってすごいですね。

また、Shuua CapitalというMENA地域最大手のファンド運用会社とも
提携してきました。

弊社ファンドは、Shuua Capital保有の優良ファンドのファンドオブファンズ形式となります。
1000万円以上の高いロットのファンド群に日本円で100万円から投資できる魅力がそこにはあるかもしれません。

という訳で、詳細はセミナーでお伝えしていきますのでよろしくお願いします。
(ここまで)

ひらめきドバイ投資セミナーって、ドバイxベトナム投資セミナーのことでするんるん

まだ、ぜんぜんほとんどの人がドバイに注目してない時に、ANAのマイレージが溜まってたので、それを使って行ってみようと計画したことがあったんです。

でも、それを言うやいなや、みんなに反対され、結局またNYになったのでした。

でも、貧乏旅行だったから、あの時行かなくってよかったのかも。(笑)

でもでも、リッチな旅なんて、今もできないけど。。。ふらふら

ドバイに行ってみて・・・

ドバイ株ドバイ投資セミナーのご案内を以前しましたが、その主催者であるFAキャピタルの方がドバイから戻られ、ドバイの今を語って下さってます。
旅の参考にもなるし、もちろん投資の参考にもなると思うので、ご紹介しますねるんるん


(ここから)
ドバイ・・・とても魅惑的な都市でした。
まずは、一般観光客的な立場で言わせてもらうと
全てにおいて最上級を追求できる、富裕層向け大人のリゾート地です!

東京と同等かそれ以上に高級ブランド(エルメスやドルチェその他もろもろ)のショップが存在しますし、ホテルやレストランの上質感、高級感は特筆ものです。
ベタな言葉を使えば近未来都市の様相です。
もしくは、砂漠の中にできた要塞・・・。

そんな高級ホテルや複合施設が乱立する中、街を歩くとスークと呼ばれる市場があったりします。
ゴールドスーク(金のアクセサリー専門店が密集した通り)
スパイススークが有名ですが、そのあたりに足を踏み入れるとようやくアラブ人も目にすることができアラブに来たことを実感します。

そのスークのいい意味での庶民性と都市の高級感のミスマッチが面白い街です。
美しい海や運河と10キロも走ると現れる砂漠との共存も面白いですね。

また、ちょっと車を走らすとマンションやオフィスビルの建設ラッシュの風景が目に入ります。
24時間体制で工事を進めているので、夜もライトアップされており、異様でミステリアスな夜景が楽しめます。
(個人的にはこの夜景が一番気に入りました)
また、沖合いで建設中のPalm Jumeirahという人工島も凄いことになっています。
世界の富裕層から別荘の予約が入っているそうです。
(かの有名なベッカムも予約済みとのことです)

今回個人的に感じたのは、ドバイには節約旅行では行って欲しくありません。
ある程度資金に余裕を持った旅行で初めてドバイは真価を発揮します。
ちょっと服装も含めて、金持ち気取りで行った方がスマートに遊べますよ!
実際、物価はラスベガスより全然高いです。
ちなみに、7つ星ホテルの異名を持つ水上ホテルの「ブルジュドバイ」は1部屋17万円です。

日本人観光客も新婚旅行風のカップルが目に付きました。
初日は日曜だったので半日だけツアー観光で回りましたが、我々オヤジ3人組以外皆老若男女のカップルのみで、かなり浮いていて恥ずかしかっ
たです。
「観光で来てる訳じゃないよー」って叫びたかった。

気候は想像通り「暑い・・・」です。
全ての建物では冷房が完備されていて快適なのですが、日中は外にでるとちょっとぐったりしますね。
夜はなんとかなります。最後の夜は、テラスで食事しましたから。

(面白いですね〜! でも、今日はここまで。また明日揺れるハート

ドバイ政府系企業 英HSBC株大量取得

ドバイ株ドバイ投資に関連するニュースです。
ちょっと古いですが、やっぱりドバイは、お金が湧いて出てきてるのかも。


ドバイ政府系投資会社、英HSBC株を大量に取得

2007年5月2日(水)

 [ドバイ 1日 ロイター] ドバイの政府系投資会社、ドバイ・インターナショナル・キャピタル(DIC)は1日、英金融大手のHSBCホールディングス<0005>の株式を大量に取得したと発表した。傘下のファンドであるグローバル・ストラテジック・エクイティーズ・ファンドが同株を運用する。これにより、同ファンドはHSBCの大株主の1つとなった。

 DICのAnand Krishnan最高執行責任者(COO)は、電話でロイターに対し、同社は先週、グローバル・ストラテジック・エクイティーズ・ファンドで運用する目的で、数日間かけてHSBC株を取得したと明らかにした。

 DICは昨年、世界の有力上場企業への投資を行う目的で、グローバル・ストラテジック・エクイティーズ・ファンドを設立した。

 同COOによると、同ファンドは先月、今後1年半の間に50億ドル相当の投資を行う計画を立案した。


あの世界のHSBCの大株主になるって、ほんとすごすぎます!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。