ドバイ経済カテゴリの記事一覧

ドバイ経済

ドバイ株投資を始める前に、ドバイの経済をみておきましょう。



ドバイは、他のアラブと違って、石油埋蔵量が少ないので石油依存型経済から脱却せざるを得ず、特に1980年代の半ば頃から『産業の多角化』を積極的に進めてきました。1981年(1985年)に開設に至った『ジュベル・アリ・フリーゾーン(JAFZ)』は、外資の直接投資の自由や外国人労働者の雇用の自由を完全に保障する経済特区で、外国企業や資本の進出を多大に促進することができました。

中東の金融と流通、および観光の一大拠点となろうとハード、ソフトの両方のインフラの充実に力を入れてきたので、日本やイギリス、アメリカなど世界各国の大企業が進出してきて、名実ともに中東の金融センターとしての位置を占めることに成功しました。ドバイ市内には、倉庫や超高層ビル、高級ホテル、別荘などが立ち並んでいます。

観光を軸とした政策の下で、ジュメイラ・ビーチの人工島に建設された世界最高級の高層ホテルであるブルジュ・アル・アラブなどの高級リゾートホテル、中東地域最大のショッピングセンターの建設、人工衛星から見える唯一の人工島群であるパーム・アイランドなど、各種観光資源の開発に力を注いでいます。その甲斐もあり、近年は世界中から観光客が訪れています。2007年に海中ホテルハイドロポリスの完成を目指しています。

また、ここではビル・ゲイツやデビッド・ベッカム、ミハエル・シューマッハなどの多くの金持ちが別荘を有している。

現在、世界最大のテーマパーク「ドバイランド」の建設中です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。